2017年10月21日 (土)

早寝早起き朝ごはん絵本

Img071

~「早寝早起き朝ごはん」全国協議会からのメッセージ~
幼児期に規則正しい生活リズムで過ごすことは、子供の健やかな成長のためにとても大切なことです。「わかってはいるけど、子供に実践させるのは難しい」そんなお父さん、お母さんの一助になればとこの絵本を作りました。また、子供たちにとって身近な絵本になってほしいので、持ち歩けるサイズ(横184㎜、縦210㎜)にしています。この絵本が子供たちの手元に届き、「早寝早起き朝ごはん」が当たり前の習慣になってくれることを願っています。

なんと上記絵本「にこにこげんきのおまじない」を多数頂くことができ、これを機に当クリニックも
「早寝早起き朝ごはん」全国協議会の推進会員となりました。

やなせスタジオがキャラを描いているので、ばいきんまんを彷彿させる「よふかしおに」がインパクトあります。
アンパンマン好きなお子様をお持ちの方は、待ち時間にでも是非手にとってみてください。
お持ち帰り頂くことも可能です。

2017年9月25日 (月)

絵本追加

ご自身も子育て中であり、当院に勤務している原山医師が素晴らしい絵本を紹介してくれました。

かこさとし からだの本

Photo

その中でも原山先生、特にお勧めの
・たべものののたび
・むしばミュータンスのぼうけん
・ほねはおれますくだけます
の3冊を当院キッズコーナーにも置きました。

この本は4歳の娘も大喜び。
いつもは嫌がるパパの読み聞かせを、珍しく興味深くリピートして聞いてくれました。
(こちらの骨もおれます・・)


2017年9月18日 (月)

よくある質問 Q&A

よくある質問 Q&Aのページを作成しました。
このページは、まさに発展途上です。
問い合わせが多かったものを随時追加していきたいと思います。

2017年9月 5日 (火)

久しぶりの新宿ネタ

最近、遅ればせながら
映画「君の名は。」のレンタルが開始されていたので
プレイステーションでダウンロードして観ました。

時空も一つのテーマにあったのは、いい意味で予想外で大変楽しめました。
評判を裏切らない名作ですね。
しかも、知らなかったのですが、新宿もメイン舞台なんですね。
絵がキレイなのも印象的でした。

Photo


ところで、最近新宿にオープンしたニュースポットの
VR ZONE SHINJUKU
話題のヴァーチャルリアリティを体験しに行ってきました。
後方を振り返っても視野が振り返っているのは新鮮な体験でした。
何といっても、かめはめ波体験は、ドラゴンボール世代にはたまらないですね。

2017年8月15日 (火)

夏季休暇中の出来事

副院長からのメッセージです

夏休み中無事に女の子を出産しました!!
皆様のお陰で母子ともに元気にこの日を迎えられることが出来、本当に感謝しています✨✨
次は11月の復帰に向けて体調を整えていきたいと思っておりますので、またどうぞよろしくお願いします!

私自身も二人の子育てをしながら楽しさ辛さを感じつつ、
子育てをするご家族の気持ちに沿って医療を行なっていきたいと思っています。

皆様、引き続き良い夏をお過ごしくださいませ( ´∀`)✨✨

2017年8月 6日 (日)

子どもの外傷

コード・ブルー
のサードシーズンが放映されています。

意外と医者でも見ている人は多いです。
私や副院長がレジデントや研修医の時期に
ファーストシーズンやセカンドシーズンがやっており
主人公たちのひたむきな向上心には、共感したり励まされるようなこともありました。
(まだ覚えたての医学的な知識でつっこみを入れるのもある意味楽しかったです)

こどもの外傷もたくさん出てきますが、あそこまで派手なものは研修医をやっていても
三次救急をやっていない普通の病院では、まずお目にかからないです。
現実的に小児科で対応が求められるものは、小さなけが、やけど、頭部打撲など。
ただ、稀に重症が潜んでいるので、診察する側も緊張感を求められ
当院ではレントゲンもないので判断が難しく、基本的には設備の整った病院に受診を勧めております。

そんな状況もありますが、「小児科医が診る子どもの外傷」という講演を聴講してきました。
その中で、共有しておいた方がよいものとして
傷害速報(Injury Alert)
というのが紹介されていました。
日本小児科学会ホームページより
「医療現場では毎日、傷害を受けた子どもたちの診療を行っています。小児科医は、「こんな事故が起こるのか」とびっくりする事例に遭遇していますが、それらは単発で症例報告されることもほとんどありません。その情報がないため予防策にはつながらず、漫然と同じ傷害が起こっています。重症度が高い傷害を繰り返さないためには、発生状況を詳細に記録することが不可欠です。 」

やはり最も重要なことは予防だと思います。

2017年7月30日 (日)

副院長は11月はじめに復帰予定です。

ご存知の方もいるかもしれませんが、
8月から副院長が少しの間、診療がお休みになります。

11月はじめから復帰予定です。

代わりに他の医師が入るため小児科も診療枠の変更はなく、
他の医師も皆、人柄もよく優秀な小児科専門医であり、
安定的に診療体制を組むことができるのでどうぞご安心くださいませ。

担当医紹介
(非常勤医師の紹介は下の方に掲載されています。)

20178


2017年7月 1日 (土)

日本の睡眠衛生について

6/29(木)、6/30(金)AMに
耳鼻科を休診にさせて頂いて
日本睡眠学会に行ってきました。

専門であるいびき、睡眠時無呼吸症候群のセッションも勉強になったのですが、
睡眠衛生に関することも興味深かったです。

睡眠負債が危ない
というNHKスペシャルの番組、睡眠学会でも話題になっていました。

また、「ベッドにスマホ」が睡眠に良くない、そしてそれが日中のパフォーマンスにも影響を与える、
ということは学術的には当たり前でも、社会にはまだ認知されていない、認知していてもなかなかやめられない、
現代社会の難しい問題だと思います。
学習意欲の科学的研究に関するプロジェクトの研究成果も注目です。
「平成26年度の調査では、平日にライン等の無料通信アプリを使用すると、使用時間に応じて学力が低下することを、学力低下は平日の睡眠時間や家庭学習時間には関わらず、アプリを使ったことによる直接の効果である可能性が高いことを発見しました。 」、とあります。

日本の将来を担う子供たちの睡眠衛生が乱れているのは深刻です。
対策としては、もっと早い時期から正しい睡眠習慣を身に着け、そしてそれができるような
社会環境も整えていかなくてはならないのでしょう。

クリニックに先日もご紹介した「早寝早起き朝ごはん」全国協議会の新しいパンフレットを置きました。

Img038


やなせたかし先生、描き下ろしのキャラクター
「はやねちゃん」「はやおきくん」「あさごはんまん」「みそしるちゃん」「よふかしおに」
皆、睡眠衛生のキーワードです。

ゲームをクリアするためには、
「起きた時刻」「朝ごはんの有無」「寝た時刻」を記録、点数化する必要があります。
ダウンロードもできるので
生活が乱れがちな夏休みのお子様に是非活用してみては。


2017年6月17日 (土)

父の日

Img035

父の日ということで、子供がイベントもあり、初めて顔を書いてくれました。
妙なちょび髭があります。

ちなみに最近全く料理していないですが・・


2017年6月 7日 (水)

2017納涼会

急に暑くなってきましたね。

今回は、小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの
「トライベックス」さんで先日、新しい看護師さんの歓迎会を、
少し早めの納涼会も兼ねて行いました。
20階にあるフレンチのお店です。
サラダバーもあるのはいいですね。(最近増量気味なので(^_^;))

201763

ランチだとカジュアルな雰囲気の中、新宿御苑のパノラマビューも楽しむことができました。

2017632

«広島の学会に行ってきました

無料ブログはココログ