2018年6月 5日 (火)

日本耳鼻咽喉科学会

横浜で行われた「第119回日本耳鼻咽喉科学会」
に1日だけ行って参りました。
この学会は、耳鼻科の学会では最も大きいもので
専門医資格を維持するためにも、いかない訳にはいかない学会です。

・めまいの鑑別診断:危ないめまいの見分け方
・ビッグデータ、人工知能、IoTの潮流とヘルスケアに与えるインパクト
・睡眠時無呼吸症候群の診断と治療
といったセッションを聴講してきました。

特に印象に残ったこととして、小児OSA(睡眠時無呼吸)の診断・治療
の中で触れられていた
幼少時(2-6歳)のひどいいびきが中学生(13-4歳)の成績に影響する、という
論文報告は、親御様には興味を引くところかと思います。

学んだ知識を明日からの診療に役立て
いい診療をすることで患者様に還元していきたいと思います。

2018年5月27日 (日)

スマホサイト

スマホサイトを作成して1か月ほど経ちました。
リスポンシブ化というものらしいです。

今は、パソコンよりスマホからホームページをみる方が多いので、
以前から課題としていたのですが、ようやく実現できました。

印象としては、スマホから地図が見やすくなったような気がします。
また、(アイチケットの)順番受付ページにも飛びやすくなり、
患者さんへのメッセージ、情報が伝わりやすくなったような気が致します。
簡単なようで、実際アップするまで大変だったのですが、
大きな混乱はないようで安心しました。

課題も感じたので、少しずつ進化させようと思います。

2018年5月 2日 (水)

非常勤医師

耳鼻科の須田医師が開業のため、予定通り退職致しました。
千葉県でみのり耳鼻咽喉科
を開業するとのことです。
当院で診療を経験したことは大変勉強になり、楽しく気持ちよく診療できました、と
コメントを頂き、院長としては本当に嬉しく感じました。
須田医師がいてくれたおかげで、本来外来を閉めなければならなかったところを
診療を継続することもでき、当院としても大変助かりました。
益々のご活躍とご成功を祈念したいと思います。

また、新たに澤井医師が5月から入職することになりました。
実は同じ睡眠分野を専門にしていた大学の後輩でもあります。
明るく快活で子育て世代の女医さんです。

小児科も新たに馬場医師、水野医師が入職します。

担当医紹介

非常勤医師に入職して頂くことで、今まで当院がやってきたものを核としつつ
更にそれぞれの先生の特徴、専門性を活かし医療レベルを高め、
臨時休診するのを最小限にとどめることで患者様への利便性を高め、
地域医療に更に貢献できるような体制を整え行きたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

2018年4月16日 (月)

待合室書籍

クリニックの待合室に何の本を置くかなかなか悩ましい。

時々入れ替えて変化をつけたいところ。
また、待合室の書籍棚に女性向けの本が少ない、というスタッフの声もあった。

しかし、いざ選んでみようと考えると
世の中にはこんなにも数多くの書籍、雑誌があるのか、と驚く。
とても選べるものではない。

そこで、一部のスタッフを書籍係に任命して任せることにしました。
毎回別個に購入するのも大変ということで、試しに女性向けの定期購読の書籍を選んでもらいました。
まずは、「オレンジページ」と「モア」という本になりました。
別に正解があるというわけでもないので、適宜変更、追加しようと思います。
反響はいかに?

ちなみに現在のところ、人気の本は、新宿関連のもの、ということです。

少しでも待ち時間の癒しになってくれれば、と思います。


2018年3月27日 (火)

夜桜

2018326_2


夜桜が綺麗で、海外からの観光客の方も多数写真をとっていました。
(当クリニック付近の新宿文化クイントビル前にて)

2018年3月24日 (土)

「頼れるドクター」

頼れるドクター 新宿・中野・杉並・吉祥寺 2018-2019版
という雑誌が出版されました。

51545zj8dsl__sx369_bo1204203200_

ありがたいことに、とある患者様から推薦を受け、
「わが家のiDoctorsを紹介します」、という特集で当院もご紹介頂くことになりました。

患者さんご家族とともに取材を受けるのは、非常に嬉しいもので新鮮に感じました。
驚いたことに一番前の方に掲載されており、特に、小児科にスポットを当てて頂いています。

2018年3月 7日 (水)

耳と鼻のおうちケア(すくすく子育てより)

耳と鼻のおうちケア(すくすく子育て)
放送日:3月3日(土) 再放送:3月9日(金)

の特集をNHKの「すくすく子育て」でやっていました。
まさに、みみの日だからでしょうかね。

Q1. 鼻づまりを楽にしてあげたいのにお世話を嫌がる、どうすればいい?
Q2. 受診したほうがよい鼻水の症状は?
Q3. なぜ子どもは中耳炎にかかりやすいの?
Q4. 1歳の子どもの耳そうじ、間違っていない?

クリニックでもよく質問される項目です。

解説しているのは耳鼻科学会でも著名な守本先生、
回答は大変参考になるかと思います。

2018年2月24日 (土)

AED勉強会

Img_3385

当院に講師を招いてAEDの勉強会を行いました。
そして人形を使って心肺蘇生のトレーニング。
いざという時に動けるように、訓練は大事だと思います。
今回は実技もあり、当院スタッフにとっても興味深く皆真剣に取り組んでいました。

当院では定期的に院内勉強会を開いたり、
スタッフの向上心を応援したいという思いもあり
希望者には院外の勉強会にも研修手当をつけて積極的に行ってもらっています。

スタッフともどもレベルアップに努め、皆様のお役に立てるよう精進していきたいと思います。


2018年2月14日 (水)

子育てをテーマにした「プリキュア」

娘がプリキュア好きな年代である。
最近、プリキュアの新作が始まったらしい。
HUGっと!プリキュア


そのテーマが興味深いのですが、
キーワードは「子どもを守るお母さん」「ヒロイズム」「子育て」「お仕事」の4つだそうです。

不思議な赤ちゃん「はぐたん」を守り育てるため、襲いかかってくるワルモノたちとの戦いや、日々のお世話に大忙し。
そんな多忙な毎日を「子供を守る母の愛」で明るく乗り切っていきます。
プリキュアシリーズはこれまで15年間「戦うヒロイン」を描いてきましたが、一番身近な「おかあさん」こそ女の子にとっての「つよく」「やさしく」「カッコイイ」ヒロイン像を体現しているのではと考え、本作では「子供を守るおかあさん」としてのプリキュアを描いていきます。その一方で、「おかあさん」として赤ちゃんと向き合うだけではなく、中学生の女の子として自分自身とも向き合い、これまでのシリーズで描かれてきた「友情」「夢」といったテーマも変わらず丁寧に描いていきます。
と、梅田和沙(プロデューサー)のコメント

何か時代を感じますね。

動画を見たら、放映会社の商魂たくましさが半端じゃないです(笑)
子供とみるときは気をつけた方がよさそうです。

2018年1月22日 (月)

雪景色

20180122_22_01_10_4


本日はあたり一面雪化粧

当クリニック付近の新宿文化クイントビル前の
雪景色にも心動かされるものがありました。

«新規患者様の総数が20,000人を超えました。

無料ブログはココログ