« 予防接種と消費税増税 | トップページ | 新しい院内書籍のご紹介!【雑誌係より】 »

2019年10月14日 (月)

台風の影響について

2019年9月9日の台風15号、同年10月12日の台風19号について、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

昨今の気候変動から、今後もこういった異常気象は、異常でなくなり起こりうるものとして想定しなければならないというのは
人を色々な角度から悩ませるものです。

ただ、想定しなければならないので、ブログでも触れておきます。

台風15号に関しては交通機関の乱れがあり当院スタッフの出勤にも影響が出ましたが、
無事に通常通り診療開始できました。
また、受診需要(特にかかりつけ)も一定数あり、頑張ってオープンできて良かったと思いました。

今回の台風19号に関しては残念ながら、
10月12日(土)、10月13日(日)両日とも臨時休診とさせて頂くことになってしまいました。
ご不便、ご迷惑をおかけした方、申し訳ございません。私としても無念であります。

(2019.10.9のホームページへの投稿)
現在、大型の台風19号が発達しながら東京に接近しており、週末にかけて最接近する予報です。

当院では、10月12日(土)と13日(日)は、台風19号の影響により診療時間変更・休診の可能性があります。休診などの案内は、このホームページで行いますので、受診前にご確認ください。

(また、JRや主要私鉄各線の公共交通機関が運休の場合は、スタッフの確保も困難となり、当院の外来診療も休診となる可能性が高まります。)
ご不便をおかけしますがご理解のほど、どうぞよろしくお願いします。

(2019.10.10)
この時点では計画運休が関東では土曜日夜、日曜日午前中の可能性が高かったというなので
土曜日午前中は受付時間が早まる可能性はあったとしても何とかオープンできると考えておりました。

しかし、その後台風が予想より早く接近。

(2019.10.11 13:00頃のホームページへの投稿)
10月12日(土)、10月13日(日)両日とも臨時休診とさせて頂くことになりました。
(当院としてもなるべく診療したいと思っておりましたが、苦渋の決断となりました。
申し訳ございません。ご不便をおかけしますが何卒ご理解のほど、どうぞよろしくお願いします。)

上記のような流れになりました。

クリニックがオープンするためには、様々なインフラ、関係者が関わっています。
スタッフ、当院が存在するビル、近隣の薬局、医薬品卸、システムや医療器械などの業者、入院が必要な重症患者を受け入れる後方病院、救急車の稼働状況、また、肝心の患者様(受診したとしてもその後、安全に帰宅できない可能性)
それらが組み合わさって初めて診療の質を保った医療ができるのだと改めて感じました。

今後も、天災などによる電気や水道は必須として、当院はJRや主要私鉄各線の公共交通機関が運休の場合は
外来診療は困難であり、不十分だと逆にご迷惑もかける恐れもあるため、休診とせざるを得ない状況があります。


以前、BCP(事業継続計画) を検討したこともありますが、残念ながら一つのクリニックだけでは成り立たないことが分かりました。
そのため、巨大地震による複合災害の場合は、渋谷区医師会としては近隣の大病院(当院の近くでしたらJR病院など)に開業医は応援に行くのを推奨しています。人とモノを集中してできることをやっていくということです。

これを一つの機会として、参考までに掲載させて頂きました。

大変なこともある世の中ではありますが、ラグビーW杯の日本代表には勇気をもらいました。
連休明けの10月15日(火)から再度体制を整え精一杯診療していこうと思うのでどうぞよろしくお願い致します。










« 予防接種と消費税増税 | トップページ | 新しい院内書籍のご紹介!【雑誌係より】 »